格安スマホを提供するだいたいの仮想移動体通信事業者

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、ベースとして使って行ける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、ドコモやauが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、softbankではUSIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、かなり注目されているわけです。

キャリアから購入したスマホやタブレットにはSIMロックされているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月額1000円前後の格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

しかし、softbankやauのものは残念ながら使えません。

それでも使いたい場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、仕様としてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。

「回線の帯域の太さ」と「設備」とはMVNOによって異なっています。

あなたが格安SIMに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。

大手キャリアだと月に7000円以上もかかってきますが、格安のSIMを使うと月額1000円以下という費用になることも。

一度、確認してみても良いと思います。

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

こちらもどうぞ⇒おすすめの格安SIMでテザリングした結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です